技術翻訳などの翻訳サービスの現状|トランスレーションの虎

英語

人間的な作業

翻訳サービスにかかる費用

英会話

一般的に翻訳サービスが必要になった場合、専門の翻訳会社に依頼することが最も適切な方法だといえます。翻訳する文書の内容にもよりますが、よほど簡単な内容でない限り、プロの翻訳者に依頼したほうが間違いがないからです。 最近は、パソコンやスマホでも文書の翻訳機能がついているので、大ざっぱな翻訳はできますが、まだ精度が低く誤訳が多いというのが正直なところです。 もし、翻訳した文書を仕事に使ったり、どこかに提出するといった目的がある場合は、正確な翻訳文を得るためにも専門の会社に翻訳サービスを依頼するべきでしょう。 料金は、翻訳する文書の専門分野、難易度、ボリューム、納期、仕上げフォーマット、品質の程度などによって大きく変わります。例えば日本語から英語の場合、日本語一文字当たり20円から30円、英語から日本語の場合、英文一単語あたり25円から35円程度が相場といわれています。

翻訳を依頼する前に

専門の会社に翻訳サービスを依頼する前に、いくつか工夫することで翻訳者の仕事を助けることができるかもしれません。その結果、翻訳の精度が上がったり、翻訳にかかる時間が短縮できる場合があります。 例えば、もし翻訳文書にある程度精通している場合、用語集を予め作成しておくことが大きな手助けになります。特定の分野に精通している翻訳者でも、すべての専門分野に詳しいとは限りません。そこで、もし予めポイントになるような用語の対訳語が分かっていれば、それをリストにしておけば、翻訳者の作業を大きく助け、結果として質の向上につながります。 さらに、翻訳する際に、特別な注意点やアドバイスがあれば、これらもまとめておくことで、翻訳者の作業効率をアップさせることにつながります。 今後、継続的に翻訳サービスを受ける場合、このような配慮を行うことで、翻訳会社や翻訳者と信頼関係を築くことができ、その結果、より良いサービスを受けられることにつながるでしょう。