技術翻訳などの翻訳サービスの現状|トランスレーションの虎

英語

どんな会社か

依頼があれば翻訳する会社です

英会話

この世界は多くの国々があります。 そして公用語としている英語がグローバルスタンダードとしての立ち居地の比重を大きく占めている要素がありますが、マイナーな言語も合わせればこの世には恐らくは千を越す言語があると考えられています。 千を越すのでは世界中の国々の数より多いのではと思う人も居られるかもしれませんが、日本語だけでも「大阪弁」や「沖縄弁」がある様に、こういう微細な違いも含めた場合の数の多さを意味しています。 そして、翻訳会社とは外国語に限らず国内の方言言語の翻訳も時には請け負う事があり、方言を元にした出版社の書籍にて社命を連ねる事もあります。 その為、もし翻訳依頼を出す時は、どの、どんな言語を翻訳したいのかを踏まえた上で、依頼先の会社を既に出版されている書籍を評価対象の成果物として考えながら検討先を探す事で、スムーズに需要に合致した翻訳をしてくれる会社を探す事が可能となります。

翻訳会社に依頼する時の豆知識

前述にて選定先のスムーズさを重視した内容を記載しました。そして、今度は翻訳会社を選ぶ際の豆知識についても記載します。基本的に個人で依頼を出す事も出来るのですが、様々な雑誌や書籍を刊行する出版社などは社内の人材ではなく業務委託で翻訳会社に翻訳を依頼しているケースもあり、時には翻訳ライターなどのフリーライター(個人)に依頼を出す事もあります。そしてココで重要なのは、前述にて「成果物で評価する」という事を記載しましたが、この成果物の「名義」をちゃんと把握する事が大切です。これはつまり、例えればA社が翻訳依頼を受けて翻訳業務を行ったとします。このA社が社内人材で業務を行ったのではなく、更に外部の個人へと委託していた場合には、A社に需要に合致した人材が居るのではなく、その外部に依頼したい消費者の需要を満たす人材が居る事になります。基本的に成果物の翻訳された書籍には、ちゃんと名義が載っている事がありますが、中にはそうではなくインターネットで事細かに記載しているという場合の書籍もあり、そこら辺で失敗しない様に翻訳会社か、または個人かの依頼先を選ぶ必要があります。